FPGA & Verilog入門本『TANG PriMERで始める FPGA & Verilog入門』頒布中!

Django Cheat Sheet

スポンサーリンク
Django

Django開発における作業の流れやコマンドをCheat Sheetとしてまとめました。

少しDjangoを触らなくなるとすぐにDjangoの開発手順やコマンド等を忘れてしまうため、忘れがちな点についてCheat Sheetとしてまとめました。(随時更新)

The Web framework for perfectionists with deadlines | Django
Python Django3超入門
秀和システム
¥3,520(2021/01/20 03:36時点)
スポンサーリンク

開発環境の準備

Djangoプロジェクトの作成

$ django-admin startproject mysite .

「mysite」は作成するプロジェクト名。プロジェクト名の後に.(ドット)を付加することで、カレントディレクトリにプロジェクトを作成する。

Git管理用に.gitignoreを準備する

Django用.gitignoreファイルはgitignore.ioにて用意する。入力欄に「Django」と入力してCreateする。

gitignore.io
Create useful .gitignore files for your project

本番環境とローカル環境との設定切り替え設定

下記の記事を参考に、設定ファイルを作成する。

Djangoの設定ファイルを開発用と本番用に分割する
開発環境と本番環境では設定を変える必要があるので、設定ファイルを分割して運用します。やり方はいくつかありますが、私なりのベストプラクティスを記録します。

上記の設定後、local.pyを.gitignoreファイルに記載すること。

(※この後settings.pyはbase.pyになる。)

言語,タイムゾーン設定

言語とタイムゾーンを日本に設定する場合は、settings.py(上記の本番環境とローカル環境分離を行った場合はbase.py)で下記の項目を変更する。

LANGUAGE_CODE = 'ja'

TIME_ZONE = 'Asia/Tokyo

Djangoの動作確認

下記コマンドでサーバーを立ち上げ、Djangoがローカルで動作することを確認する。

$ python manage.py runserver

アプリケーションの作成

下記コマンドでアプリケーションを作成する。

$ python manage.py startapp myapp

「myapp」は作成するアプリケーション名。

アプリケーションをプロジェクトに追加

アプリケーションを作成した後は、Djangoプロジェクトにアプリの存在を教える。

settings.pyのINSTALLED_APPSにアプリのConfigクラスを追記する。クラス名は作成したアプリのアプリのapps.pyを確認する。(下記はmyappという名前のアプリの場合)

INSTALLED_APPS = [
    'myapp.apps.MyAppConfig',
    (以下略)
]

データベース設定

models.pyの反映

下記のコマンドでmodels.pyのからデータベース中間ファイルを生成する。

$ python manage.py makemigrations

データベースへ適用

データベース中間ファイルをもとに、データベースへ適用する。

$ python manage.py migrate

管理ユーザーと管理ページ

管理ユーザー作成

管理ユーザー作成は下記コマンドを実行する。

$ python manage.py createsuperuser

管理ページにアクセス

管理ページは下記URLへアクセスする。

http://127.0.0.1:8000/admin/

Python Django3超入門
秀和システム
¥3,520(2021/01/20 03:36時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました